マスクをする時の
メイクポイント

ウイルス対策や花粉などで、マスクを着用することが増えるこの季節。でもマスクをすると、せっかくのメイクが湿気や摩擦で崩れてしまう…
そんなお悩みを解消すべくマスクをする時のメイクのポイントをご紹介します。

(れを防ぐベース作り

ベースは色つきorクリームタイプの下地+パウダーがよさそう◎
マスクにファンデがついたり、こすれて色むらが目立たないように、ベースメイクは薄づきに。くすみが気になる部分を中心にカバー。

負担の少ないメイクをする

目元も肌も敏感な時なので、アイラインやマスカラの使用は控えてアイシャドウのみにするか、ウォータープルーフタイプのアイテムを選ぶと、思わず目をこすってしまっても安心。
密着度が高くてヨレにくい、クリームシャドウもおすすめです。

柔らかい色味とふんわり感を大切に

マスクをすると口元が隠れてしまうため、表情が読み取りづらく、怖い顔に見えてしまう可能性も。メイクに黒などの濃い色を使うとコントラストが強すぎてきつい印象になってしまいます。
アイメイクや眉毛はいつものメイクより明るめの柔らかい色がおすすめ。

な歇召睨困譴困

サッと保湿できるミストでお肌のうるおいキープを。